メイン | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

少しずつ、夏から秋へと

高知はまだまだすごく暑い日が続いていますが、
農学部ブログをご覧のみなさんはお元気でしょうか?
昆虫や植物などは、人間よりも早く季節の変化を感じ
とっているようです。
農学部キャンパスの中を散策していて、ふと足下を見ると、
小さな虫がこちらを見ています。

Photo_3

カメラを向けると、ポーズをとってくれました。
夏の暑さが少しだけ陰ってきたのを感じたのか、
日の当たる場所に出てきたカマキリです。

Photo_4

白百合も少しずつですが、咲いている数に変化が見えてきました。
農学部のキャンパスには、このほかにもたくさんの花々が
季節ごとに、学生や教職員の目を楽しませてくれます。
ブログをご覧のみなさんがキャンパスに足を運ぶ頃には
どんな花が咲いているでしょうか。
高知市内でのご用のお帰り、空港からご出発までに
時間があれば、農学部キャンパスにも足を運んでみて
ください。
高知龍馬空港へは、空港連絡バスでわずか3分ほどです。

2012年8月30日 (木)

ただいまウコンを研究中

みなさんは「ウコン」をご存じでしょうか?
働き盛りのビジネスマンがよく飲んでいるという、
ウコンのエキス入りドリンクを自販機で見かけますね。
下の写真はそのウコンの地上部です。

Photo

土壌に埋まっている塊からの抽出物をドリンク剤では
利用しているんですね。
ちょっとバナナの木の葉に似ていますね。
ポリフェノールの一種、「クルクミン」というのが
含まれているそうで、これが注目されています。
農学部キャンパスでは、土佐の温暖な気象条件を
最大限に活用して、この「ウコン」の研究を
学生が取り組んでいます。

Photo_2

なにやら、1メートルほどの長い物差しをもって
計測中のようです。
栽培中のウコンの生長分析に使うのでしょうか。
高知の日差しは強いので、みなさん「サングラス」を
かけて研究しています。
頑張ってください。

2012年8月29日 (水)

高知大学農学部教養講座受付中です

本年度も南国市と高知大学農学部の共催事業として農学部教養講座が開講されます。
来る9月15日(土)には原忠准教授による「南海地震に備える」、9月29日(土)には

荒川良教授による「天敵農法について」が開講されます。前者は9月6日(木)まで、

後者は9月20日(木)まで参加を受け付けております。

多くの皆様の参加をお待ちしております。

申し込み先・お問い合わせは南国市生涯学習課生涯学習人権係(℡088-880-6569)まで
イベント詳細↓
2012kyouyoukouza.pdfをダウンロード

※9月1日(土)に開催を予定しておりました「高知県特産の和牛」は、申込者少数につき

中止とさせていただきました。ご了承ください。

続きを読む »

自然環境学コースの授業はこんな感じです

こんにちは。
自然環境学コース主任の河野です。
このブログをご覧のみなさんの中には、
そろそろ本学農学部を目指そうと、
頑張っていらっしゃる受験生がいるのではないでしょうか?
そんなみなさんに、農学部自然環境学コースで
行われている授業内容について、ちょっとだけお知らせ。
参考にしてくださいね。

自然環境学コースでは、のべ2年間に及ぶ
「自然環境学実習Ⅰ~Ⅳ」と「自然環境学実験Ⅰ、Ⅱ」
が特徴的な授業です。
実習では、海から山まで、いろいろな場所に出かけます。
植物や昆虫、海洋生物の採集や観察、分類など、
様々な生物に実際に触れて、
調査・研究技術を学びます。

Photo

また室戸や「嶺北フィールド」と呼ばれる高知県北部の
山地実習施設での泊まりがけの実習もあります。
徹夜で昆虫採集する人もいるほど、楽しい実習のようです。

Photo_2

観察だけではありません。
演習林の山地や河川では、土壌や水質の分析、気象観測まで
行います。
自然全体をまさに包括学習します!

もちろん、戸外だけの自然観測実習だけではありません。
室内でも、遺伝子解析や化学分析実験を行います。
このように、様々な自然(気圏・地圏・水圏)の環境と、
生物との相互関係を、様々な学術的観点から眺め、
分析する能力を身につけていきます。

Photo_3

さらに、人が手を加え、コントロールしている自然環境、
すなわち、農耕地や人工林についても学習します。
「南国フィールド」と呼んでいる農学部キャンパス内では、
二人ペアで、ナスやトマト、トウモロコシ、小松菜などの
栽培を行います。

Photo_4

水やりをしないと枯れてしまいますし、草を抜かないと
雑草に負けてしまいますから、思いのほか手間がかかります。
やっと実ったと思っても、「無農薬栽培」なので、
害虫に食われるのが先か、収穫するのが先かという
競争にさらされますが、
そんな栽培経験を通じて、自然との共生技術について
深く学んでいけるのが「自然環境学コース」です。
どうでしょうか、ぜひ自然環境学コースを目指して
高知大学農学部を受験してみませんか?

Photo_5




2012年8月28日 (火)

農学部4号棟西棟の本格改修作業始まる8月21日

農学部教員・学生による引越作業が終わり、いよいよ
業者による本格的な改修作業が始まりました。

Cimg0163

建物内にある各種の大型ゴミを、重機を使って運び出しています。

Cimg0164

取材のあと、スコールのような夏の雨が降り注いでいましたが、
作業されていた業者のみなさんのご協力により、
順調に改修が進んでいるようです。

2012年8月27日 (月)

農学部図書館で県立図書館の所蔵図書も読めます

農学部の図書館には専門の雑誌や一般雑誌、新聞など様々なものがあり、
学生のみなさんの旺盛な学習意欲を満たしています。
農学部にない図書でも、市内の図書館に足を運ばずに、
借りることも可能です。

Cimg0168

どんな本が借りられるのか、見てみましょう。

Cimg0169

最近話題になった本が数多く並んでいます。
市内までは30分~40分くらいかかるので、
忙しい学生のみなさんにとっては便利なサービスですね。
学生のみなさんには、このサービスをおおいに活用して
もらいたいものです。

2012年8月26日 (日)

太平洋を望む大空なので、空模様を楽しめます

よさこい祭りが終わると、土佐はもう秋の雰囲気が近づきます。
壁によじ登る蝉を見るのも、あと少し。

Cimg0161

目を農学部キャンパスの空に転じてみましょう。
農学部キャンパスは、自転車ですぐの位置に、もう太平洋が広がります。
隣には高知龍馬空港もある関係で、高い建物はありません。
ですので、空がひらけている!
夏の空模様はさまざま。

Cimg0138

8月よさこい祭りのシーズンには、すでに稲刈りは終了
しているところが多いですね。
ご覧の写真は、キャンパス近郊での空模様です。
ちょっと奥では、夏らしい雨が降っているようで、
暗い空が見えます。
ちょっとアップしてみましょう。

Cimg0143

虹です。
農学部キャンパスからもよく見えました。
上の写真は東の空を見たものですが、西の空を見てみると、

Cimg0141

まるで後光がさしたような光景も広がっています。
このように、農学部キャンパス近辺は、空がひらけていて、
夕暮れどきの空模様もとても綺麗ですので、別の機会に
お知らせしたいと思います。

2012年8月25日 (土)

農学部ブランド米の販売始まる

農学部圃場で栽培され、8月初旬に刈り取りが行われたお米が、
このほど「高知大学農学部」の図柄入りの包装で販売が始まりました。
帰省の際のお土産にいかがでしょうか?

Cimg0156

農学部で栽培されているお米の品種は、「ミルキークイーン」というものです。
「モチモチとした食感でとても美味しい」と評判です。

Cimg0158

Cimg0157

艶やかな光沢と粘りがあり、冷めても美味しくいただけるのが特徴だとか。
5kgで2000円ですので、スーパーで販売されているお米と比べてもお安いと思います。
一度ご賞味ください。
詳しくは、高知大学農学部事務局(電話088-864-5115)まで。




2012年8月24日 (金)

正門付近に不思議な光景が

農学部の正門、といっても、高い壁があるわけではなく、
農学部のオープンなイメージそのままに、
「背の低い門」をくぐる?と、左手に不思議な光景が
見えてきます。これはいったい何でしょうか?

Cimg0132

四つ足の不思議なものがあるかと思うと、
その隣には、今度は三つ足のものが・・。
まるで惑星探査機のような形。
農学部とどんな関係があるのでしょうか。

Cimg0131

別の箇所にはこんなものも。

Cimg0130

実はこれ、「気象観測機器」です。
カメラをグッと手前に引いてみると観測機器全体の様子が分かります。

Cimg0129

どうですか?
このワンショット、一枚の写真を見ただけでも、
農学部キャンパスの広さが実感できると思います。
見えている光景は、農学部キャンパスのごく一角です。
雨量計や風速計など、様々な気象観測機器によって、
農学部キャンパスの気象情報をリアルタイムで計測し、
農学部全体で活用しています。
これらの気象観測機器を利用して農作物の育成に
役立てる研究をなさっているのは、
「自然環境学コース」の森牧人准教授です。
先生の専門分野に興味のある方は、
次のURLにアクセスしてみてください。
http://wwwagr.cc.kochi-u.ac.jp/japan/kenkyusha/317.html
自然環境学コース主任の河野がお伝えしました。


2012年8月23日 (木)

「日章踊り子隊」出陣式8月10日

平成24年8月10日午前9時、農学部1号館玄関前で
「日章踊り子隊」の出陣式が行われました。
今年は女子学生がメンバーに加わって華やかさを添え、
20人ほどの踊り子がこの猛暑を吹き飛ばす渾身の演舞を
披露してくれました!
同踊り子隊は南国市立田のグループホームワルツを
慰問した後、高知市内演舞場へ向かいました。

No1

No2_3

日章寮生の手作りによる地方車。後部の両側には参加のための支援を
いただいた先生方への感謝を込めてお名前をペイントしています。

No3

地方車の運転は、本年も片岡課長が8月10日、11日の
両日ともに引き受けてくれました。

Photo_3

フォトアルバム