« 2012年9月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

物部地区外国人留学生交流懇親会が開催されました

10月26日(金)に物部地区外国人留学生交流懇親会が西島園芸団地で開催されました。2名の外国人新入生と多くの外国人在学生を中心に、毎年恒例の「幸せなら手をたたこう」の各国の母国語による大合唱が行われました。インドネシアの留学生も民族舞踊を、日章寮の学生達も南国土佐の伝統文化「よさこい踊り」を、来場した多くの皆様に披露して楽しいひと時を提供してくれました。

Rkonshinkai1_2

Rkonshinkai2

Rkonshinkai3 

2012年10月27日 (土)

「物部キャンパス一日公開」が開催されます

 高知大学物部キャンパスには、農学部をはじめ、大学院総合人間自然科学研究科黒潮圏総合科学専攻、海洋コア総合研究センター、遺伝子実験施設等の教育研究施設があり、これらの活動を地域の皆様により深くご理解いただくために、「物部キャンパス一日公開」を例年開催しています。
 今年も、11 月3 日(土・祝)に日頃の教育研究活動の一端を、講義・実験・イベント等を通じて皆様にご紹介いたします。また、キャンパス特産の野菜や花等の試食・販売等の催しも企画していますので、ご家族等でお気軽にご来場いただき、秋の一日、物部キャンパスで楽しいひとときをお過ごしくださいますようご案内いたします。

【日 時】 平成24年11月3日(土・祝)  9:00 ~ 15:00

【場 所】 物部キャンパス

121004monobekokai.pdfをダウンロード

2012年10月24日 (水)

第2回物部地区防災訓練が実施されました

10月23日(火)に第2回物部地区防災訓練が物部キャンパスで実施されました。今回は物部キャンパスの教職員・学生に加えて、キャンパス近辺の住民の皆様も参加されました。地震と津波を想定した訓練に多数の皆様が参加しましたことから、地震および津波に対する皆様の危機意識の高さをあらためて実感することができた訓練となりました。

Bosai21

Bosai22

Bosai23

2012年10月 9日 (火)

「森林科学コースの実習は山の中だけじゃないの?」

 「森林科学コースの実習は山の中だけじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、森林を健全な状態にしておくためは管理が重要で、間伐などの管理を実施していくためには、経済とのリンク、即ち産業化が不可欠です。そのため、産業化を支える生産物の商品化や高付加価値化のための学問(木材化学、木材理学)も、森林科学コースで学ぶ分野なのです。

 今回の工場見学は、バイオマス集荷場と製紙工場の2箇所に行ってきました。写真は、製紙工場でのものです。座学で学ぶ前に、まず現場を見てイメージを持ち、座学の理解度を上げることがこの実習の目的です。製紙工場では、砕かれてチップになった木材が、加工処理されてパルプになり、溶かされ漉かれて紙へと変身する過程をしっかり見させて頂きました。

 (見学先の企業の皆様、丁寧なご説明を頂き有り難うございました。)

Chipmae ←広大なチップ山の前で

Shosikimae ←大型抄紙機の前で

2012年10月 8日 (月)

南国市教養講座「炭焼き体験」が開講されました

10月7日(日)に今安清光フィールド技術室長による本年度第3回目の南国市教養講座「炭焼き体験」が附属暖地フィールドサイエンス教育研究センターで開講されました。昨年度に引き続き本年度も開講されました同講座には10名の方々が参加されていました。横倒しにしたドラム缶に土を盛った手製の炭焼き窯を前に、実技をまじえた今安講師の熱心な指導のもとに、受講生の皆様も土を運び、火を燃やす作業に取り組んでいました。Sumiyaki1

Sumiyaki2

2012年10月 1日 (月)

南国市教養講座「天敵農法について」が開講されました

9月29日(土)に荒川良教授による本年度第3回目の南国市教養講座「天敵農法について」が農学部1号館1-13教室で開講されました。農薬を使わない高知産天敵による害虫駆除という実例を示した内容に、現場で農業関係の業務に従事されている方が多く参加し、関心をもって講義に耳を傾けておりました。

Tentekinouhou

フォトアルバム