« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月26日 (月)

「第10回物部キャンパスフォーラム」が開催されます

 昨年に引き続き、今年も「物部キャンパスフォーラム」を開催します。本年のテーマは「これからのエネルギーを考える ~小水力、木質バイオマス、メタンハイドレード、下水、人力~」です。
 厳しい電力事情から新エネルギーへの関心と期待が高まっています。物部キャンパスフォーラムでは、新エネルギーに関する最新の研究を紹介するとともに、高知県および全国での新エネルギー推進に向けた取り組みについて紹介いただきます。本フォーラムを通じて、ご来場の皆様とこれからのエネルギーについて考えていきたいと思います。

【日 時】 平成24年12月8日(土)  13:00 ~ 17:00

【場 所】 高知大学物部キャンパス(農学部5-1教室)

【参 加】 無料(事前申し込み不要、無料駐車場あり)

プログラム
■ 講演(13:10 ~ 16:20(各講演約30分))
「小水力発電利用推進への取り組み」  高知小水力利用推進協議会 会長  篠  和夫

「環境モデル都市「梼原町」の新エネルギー推進への取り組み」 梼原町環境整備課環境モデル都市推進室   那須 俊男

「施設園芸における新エネルギー利用の現状と課題 -木質バイオマスを中心として-」 農学部 暖地農学コース主担当 准教授  宮内樹代史

「メタンハイドレートの生成とエネルギー資源としての期待」海洋コア総合研究センター長  徳山 英一

「下水処理場はエネルギー生産施設になり得るか?」大阪大学大学院工学研究科環境・エネルギー工学専攻  教授  池  道彦

「黒潮源流域プロジェクトから見えてくる「人力」の力」 農学部 国際支援学コース主担当 教授  山岡 耕作

■ パネルディスカッション(16:20 ~ 16:50)
 会場の皆様のご意見もお聞きしながら、講演講師と司会者によるディスカッションを行います。
  司会:藤原  拓
  パネリスト:篠  和夫、那須 俊男、宮内樹代史、徳山 英一、池  道彦、山岡 耕作

20121208monobforume.pdfをダウンロード

2012年11月 5日 (月)

「物部キャンパス一日公開」が開催されました

高知大学物部キャンパスでは11月3日に地域住民の方にキャンパスを開放して、紹介する「物部キャンパス一日公開」が開催されました。
この「物部キャンパス一日公開」は広大な物部キャンパスにある農学部、大学院総合人間自然科学研究科黒潮総合科学専攻、総合研究センター(遺伝子実験施設)及び海洋コア総合研究センター等の教育研究施設の活動を地域の皆様方に、ご理解いただくため毎年開催されています。
開催当日は、教職員、学部生、大学院生、留学生らが一体となり、日頃の教育研究活動を理解してもらうと同時に楽しんでもらえるように講義、実験、体験コーナーなど様々な趣向を凝らした企画を実施されました。今年も家族連れを中心に、約2,770人が来場しました。来場者は、秋の一日、物部キャンパスを充分に楽しんでいたようでした。

Ichinichikokai1

↑地域特産物を使った飲食店

Ichinichikokai4

↑外国人留学生の郷土料理店

Ichinichikokai2

↑芋堀り体験

Ichinichikokai3

↑のこぎり体験

フォトアルバム