« 2014年9月 | メイン | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月30日 (木)

「アグリビジネス創出フェア2014」に出展します。

   2014年11月12日(水)~14日(金)の3日間、東京ビッグサイト 西4ホールで開催されます農林水産省主催の「アグリビジネス創出フェア2014」に「高知大学から発信する食品・生産・環境の新時代 ~地(知)の拠点としての取り組み~」をテーマに出展します。
   【出展内容】
① 水性樹脂を用いた野菜の【養液栽培用培地】の研究成果について
②中小規模園芸ハウスを対象とした【複合エコ環境制御技術】の開発状況と現地実証試験について
③中山間の棚田跡地を利用して構築した【新たな園芸ハウス】の構造と特性について
④黒酵母の【水溶性βグルカン】が植物の生育に与える影響や乳酸菌の保護効果、ドッグフードの開発について
⑤硝酸態窒素溶脱の抑制と資源回収に寄与する【クリーニングクロップ技術】について
 

詳細は、↓をご覧ください。

http://agribiz-fair.jp/about/

2014年10月20日 (月)

平成26年度第1回「農学部長学生表彰」が行われました。

   「農学部長学生表彰」は、当該年度に学会等において受賞等を受けた学部学生・大学院生を指導教員等の推薦により、農学部長が表彰するものです。
   石川農学部長より表彰状授与のあと、出席者で美味しいケーキをいただき、受賞をお祝いしました。
   なお、今回の受賞者は、下記のとおりです。

愛媛大学大学院連合農学研究科博士課程1年生  粂川義雅さん 

                                 「第23回サゴヤシ学会」優秀発表賞 

農学専攻2年生  坂部晃子さん 

                              「平成26年度土木学会四国支部第20回技術研究発表会」優秀発表賞

   同 2年生  植本千晴さん 「第71回中国四国植物学会」優秀発表賞

  Dsc_0136   

Dsc_0151 Dsc_0158

             

2014年10月15日 (水)

「第5回高知大学ホームカミングデー」参加者募集中です!

  11月2日(土)10:00~17:00、高知大学各キャンパスにおいて「第5回高知大学ホームカミングデー」を開催いたします。
  物部キャンパスでは、午前中、農学部イベントとして「キャンパス散策」や「在学生、現職教員との懇談会」を開催しますので、卒業生の皆様が多数ご参加くださるようご案内いたします。南国フィールドで収穫された農産物の販売もあるよ!
  なお、詳細並びにお申込みは↓をご覧ください。

第5回高知大学ホームカミングデー(http://www.kochi-u.ac.jp/home_coming_day/

「物部キャンパス一日公開」を開催します。

 

   高知大学物部キャンパスには、農学部をはじめ、大学院総合人間自然科学研究科黒潮圏総合科学専攻、海洋コア総合研究センター、遺伝子実験施設等の教育研究施設があり、これらの活動を地域の皆様により深くご理解いただくために、「物部キャンパス一日公開」を例年開催しています。
 今年も、11月3日(月・祝)に日頃の教育研究活動の一端を、講義・実験・イベント等を通じて皆様にご紹介いたします。また、キャンパス特産の野菜や花等の試食・販売の催しも企画していますので、ご家族でお気軽にご来場ください。実り多い秋の一日、物部キャンパスで楽しいひとときをお過ごしください。
   【日 時】 平成26年11月3日(月・祝)  9:00 ~ 15:00
   【場 所】 高知大学物部キャンパス

                                                                                                                                                               

Photo_2 
       詳細は↓をご覧ください。

       2014.11.03.pdfをダウンロード

        

        

2014年10月 6日 (月)

農学部開催による「若手企業家による講演会」が開催されました。

   9月29日(月)、20代で起業された若手企業家2名を講師にお迎えして「若手企業家による講演会」が開催されました。
  講師の森本 啓史氏(株式会社コレカラ 代表取締役社長)は在学中の起業経験者で、高原 大輔氏(ギークスアジア 代表取締役)は大手企業で年間約4万人の採用選考の経歴があり、多様な経験に基づく、就職活動や起業を成功させる秘訣を学生とざっくばらんに質疑応答を交え、講演してくださいました。
   講演の内容は、就職する場合、会社の規模によって自分の行動範囲や環境が変化するということを知る必要があります。例えば、イノベーション企業では、動きやすく結果が反映されやすいといったメリットがありますが、環境・設備が整いにくく、マニュアルが存在しないといったデメリットもあります。反対に大企業では、環境・設備が整っており、研修なども充実しているというメリットがありますが、動きにくく結果が目に見えて分かりにくいといったデメリットもあります。
自分にあった企業を見つけることが、重要になります。
   イノベーション企業よりもさらに、自由度を求めるのであれば起業する道があります。多くの人は起業するということはとてもリスクの高いものであると考えがちですが、リスクのない起業のやり方はたくさんあります。例えば、出資による方法であれば仮に事業がうまくいかなくても返済の必要はありません。
   起業する際に出資してもらうには、明確なビジョン・投資家を動かすアイデアの他に、その人の実績・信頼が必要です。
   実績は自分の夢を明確にし、それを実現せねばなりません。また、他人に宣言することで実現する原動力になります。
   今回は、受講学生は互いに自分の夢を宣言しあいました。
   大学生のうちに自分が何をしたいのかを見つけ、小さなことでもいいのでそれを実践するように心がけましょう。
   聴講した学生の中には、将来は起業してみたいと思っている学生も何人かおり、自分の進路を考える有意義な時間になったと思います。

Img_5274

Img_5420

Img_5418

Img_5451

2014年10月 2日 (木)

「第61回伝統食品に関する講演会 ~土佐の食 伝統と新風~」を開催します。

   日本伝統食品研究会主催で、現代においては新しい加工食品の流通により失われつつある古来の日本の伝統食品に関する講演会「第61回伝統食品に関する講演会 ~土佐の食 伝統と新風~」を開催します。
   【日  時】 平成26年11月8日(土) 13:00~17:00
   【場  所】 高知大学朝倉キャンパス メディアの森6階メディアホール
   【参加料】 会場整理費:500円(当日受付/学生無料)
プログラム
  1.「土佐の伝統食」RKC調理師学校校長 三谷 英子氏
  2.「土佐のカツオの漁業史・食文化」元中土佐町役場水産商工課長 林 勇作氏
  3.「二段階発酵茶・碁石茶の歴史と未来 ~幻からの脱皮~」
                  高知大学地域推進連携センター長 受田 浩之氏
  4.「土佐の酒はうまい」を支える土佐の酒蔵と工業技術センターの取り組み 
                  高知県工業技術センター食品開発課長 上東 治彦氏
 
※一般の方も受講可能ですので多数ご参加ください。
 お問い合わせは、高知大学農学部 森岡 克司 088-864-5160
         E-mail:morioka※kochi-u.ac.jpまでお願いします。
詳細は、こちら(http://dentoushokuhin.web.fc2.com/)をご覧ください。

Photo

フォトアルバム