« 2014年12月 | メイン | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月29日 (木)

「平成26年度高知大学農学部・高知県農業技術センター 合同シンポジウム」を開催します。

   高知大学農学部と高知県農業技術センターは地域資源を活用した様々な共同研究等を実施しています。
 今回、合同で地域密着型研究の今後を探る~高知の特色を活かそうとする最近の取組から見えてくること~をテーマに公開シンポジウムを開催し、これまで培われた研究成果を広く市民の皆様に紹介すると共に、今後の高知県産業振興計画等の施策に活かすための研究の方向性について地域の皆様と一緒に考えるきっかけとしたいと思いますので多数のご参加をお待ちしています。

  日 時  平成27年2月19日(木) 13:30~17:00
  場 所  高知大学農学部 3-1-13教室
  講演内容
   ※土佐あかうし+高知県産柚子果皮:高知大学発の新たなブランド創出の試み
     高知大学農学部  松川 和嗣
   ※地場産の酵母や乳酸菌を用いた地産地消な発酵食品の創出
     高知大学農学部  永田 信治
   ※廃棄ユズ果皮中の多糖類を駆使した機能紙製品群の創製
     高知大学農学部  市浦 英明
   ※南国市稲生産ビワの葉と種のマダイ飼料への有効利用の検討
     高知大学農学部  足立 亨介
   ※高知県の特産果樹試験研究の取り組みとこれからの展開
     農業技術センター果樹試験場  田中 満稔
   ※土佐茶のブランド化を目指して
     農業技術センター茶業試験場  濱田 倫哉
   ※高知から全国に提案する新しい教育「地域協働学部」
     高知大学農学部  市川 昌広
   ※高知県のええもんを、おすそわけ「高知家プロモーション」
     高知県産業振興推進部地産地消・外商課  浅野 尊子
  
     ◎入場無料・当日参加歓迎
     詳細は↓をご覧ください。

            shinpojiumu2015.02.19.pdfをダウンロード 

                         Photo_2

              

    
       

2015年1月15日 (木)

地域連携フェア「地域創生に向けた産学官連携の促進」~6次産業化に向けて高知大学とともに~を開催します。

   現在、農林水産業は、就労者の高齢化と担い手不足等から今後に向けて大きな課題に直面しています。特に高知県は過疎・高齢化が進み、農林水産業の活性化が地域創生に向けたカギとなっており、高知大学でも活性化に貢献するために技術開発、6次産業化、産学官連携、高大連携等に重点的に取り組んできました。その成果を演示と展示して、生産者や消費者等の関係者とともに更なる発展を目指して、地域連携フェア「地域創生に向けた産学官連携の促進」~6次産業化に向けて高知大学とともに~を開催することとしました。  休憩時間には、褐うし・ユズブリの試食も予定してますので、多数のご参加をお待ちしております。

   日 時:平成27年1月24日(土)13:00~17:00    

     会 場:高知商工会館 3F 寿の間

13:10~14:40  

Ⅰ.高知大学地域活性化への取り組み:KICS事業を例として     

高知大学地域連携推進センター      吉用 武史  

Ⅱ.土着天敵昆虫を用いた施設園芸における環境保全型農業     

高知大学農学部自然環境学コース     荒川 良  

Ⅲ.高知のユズを活用した養殖ブリの生産     

高知大学農学部海洋生物生産学コース   深田 陽久  

Ⅳ.柚子ポリフェノールの苦味低減技術の開発と商品化     

長岡香料株式会社            杉本 圭一郎

14:40~15:30  

ポスターセッション&ティーブレイク(試食試飲)

15:30~16:55  

パネルディスカッション

   詳細は、↓ 

      renkeifea.pdfをダウンロード    

Photo

フォトアルバム