« 2015年11月 | メイン | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月24日 (木)

高知大学「電解水素水を活用した還元野菜プロジェクト」の推進

   去る12月10日(木)に、(株)日本トリムの森澤代表取締役ら3名、三菱商事パッケージング(株)の安倍代表取締役が高知大学農学部に来校し、「産」・「官」・「学」の連携協定「平成27年7月3日締結の電解水素水を活用した還元野菜プロジェクト」に基づく、意見交換や現地見学を行いました。 

   本プロジェクトはわが国初の還元野菜の里づくりを目指し次世代施設園芸農業を推進するとともに、連携して研究や産地化を進めるものです。  意見交換では、先ず、石川農学部長から連携協定に係る内容説明や最近の成果等について説明があり活発な意見交換が行われ後、現地見学では電解水素水を活用したトマトの機能性実証栽培のグリーンハウス(農学部キャンパス内)で、農学部学生による成果に係る説明がなされ、プロジェクトの更なる推進に向けた、合意が図られました。

○意見交換後の記念撮影 

Dsc_0145Dsc_0148                                                                                                                                        ○グリーンハウス内の機能性実証栽培試験 見学の様子(学生が説明を行いました)

Dsc_0149Dsc_0155

 

2015年12月14日 (月)

高知大学 「新学部キックオフシンポジウム」を開催しました。

   11月23日(月・祝)高知会館 白鳳の間にて、「高知が拓く、日本の未来 農林海洋科学部の誕生」と題してキックオフシンポジウムを開催しました。
   当日は雨にも関わらず来場した高校生ら約140名を対象に、平成28年4月に新設する農林海洋科学部のPRを行いました。
  農学部を改編する農林海洋科学部は、「農林資源環境科学科」、「農芸化学科」、「海洋資源科学科」の3学科体制でスタートします。
   シンポジウムでは、徳山英一 高知海洋コア総合研究センター長の基調講演に始まり、石川勝美 農学部長をはじめ各学科教員らが改組の意義や新学部の特徴、各学科の説明を行いました。更には、海洋関連会社のスタッフ、大学生や高校生を交えたパネルディスカッションでも、さまざまな情報提供及び、意見交換が行われ、参加者からも有意義な催し物であったと好評のうちに閉会しました。

Dsc00465Dsc00390

Dsc00387

2015年12月 8日 (火)

高知大学 「物部キャンパス一日公開」を開催しました。

  高知大学物部キャンパスにおいて11月3日(火・祝)に地域住民の方にキャンパスを開放して紹介する「物部キャンパス一日公開」が開催されました。  

  この「物部キャンパス一日公開」は広大な物部キャンパスにある農学部、大学院総合人間自然科学研究科黒潮圏総合科学専攻、総合研究センター(遺伝子実験施設)及び高知コア総合研究センター等の教育研究施設の活動を地域の皆様方にご理解いただくため、毎年開催しています。  

  開催当日は、教職員、学部生、大学院生、留学生らが一体となり、日ごろの教育研究活動を理解してもらうと同時に楽しんでもらえるように講義、実験、体験コーナーなど様々な趣向を凝らした企画が実施されました。  

  本年度は天候に恵まれ、家族連れを中心に4,500名に上る来場者があり、各企画を存分に楽しんでいました。

  あかうし見学                   海洋コアセンター公開

Img_8330    Img_8385_2

                              

 

 

                         

 

 

 

 

農学部教員による展示・体験           学部生・留学生などの出展コーナー                                                                                                                              

Img_8239Img_8264

   

2015年12月 2日 (水)

平成27年度アジアンフィールドサイエンス実習を実施しました。

 今年も、11月9日(月)~18日(水)まで高知大学農学部国際支援学コースが実施している「海外フィールドサイエンス実習」に参加するために、タイ・カセサート大学、コンケン大学、ベトナム・ハノイ教育大学、マレーシア・サラワク大学、マレーシア・プトラ大学より教員3名、学生21名が来校しました。
 学生たちは、11月10日(火)、脇口宏高知大学学長を表敬訪問の後、フィールドサイエンスセンター南国フィールドや嶺北フィールドにおける実習の他、高知県農業技術センター、牧野植物園、室戸ジオパークなどの見学を行い、日本の技術や文化を深めました。

       アジアンフィールドサイエンス実習の詳細は↓ご覧ください。

                    http://www.kochi-u.ac.jp/international/topics_/topics/2015111200025/

Dsc00335 Dsc00338

              

 



 

Dsc00333

フォトアルバム