« 2017年4月 | メイン | 2017年7月 »

2017年5月

2017年5月18日 (木)

南国市・高知大学農林海洋科学部共催事業 「教養講座-深海底の粒子を覗いてみよう!-」が開催されました。

平成29年5月13日(土)物部キャンパス海洋コア総合研究センターにおいて、村山雅史教授が講師を務めた「深海底の粒子を覗いてみよう!」を開講しました!
 この講座では、16名の参加者がありました。まず、地球の7割を占める海、その深海底に堆積する起源の異なるさまざまな岩石、鉱物、微化石(微小プランクトンの殻)、火山灰、宇宙塵などについて説明を行ったのち、種々の堆積物を、実際に実体顕微鏡を個別に使用し、拡大して見ていただきました!参加者は、時間を忘れて顕微鏡を覗きこんでいました。その後、世界で3つしかない深海底堆積物の保管庫を担う「海洋コア総合研究センター」の施設・設備をご覧いただきました。日本トップクラスの設備に驚きの声が上がっていました。

Img_5683

Dscf7466

Dscf7469

Dscf7470

Dscf7558

Dscf7484

Dscf7485

Dscf7505_2

 

2017年5月17日 (水)

 高知大学研究拠点プロジェクト「総合地球環境学研究所 田中 樹 教授 特別講演会 -脆弱環境のもとでの暮らしと資源・生態環境保全の両立の可能性を探る-」開催のご案内

  6月19日物部キャンパス大会議室にて、高知大学研究拠点プロジェクト
 「革新的な水・バイオマス循環システムの構築」主催 「総合地球環境学研究所
 田中 樹 教授 特別講演会」を、下記のとおり開催いたします。
 お誘いあわせのうえ、是非ご参加ください。
 多くの皆様のご参加をお待ちしております。  

                      記

 日 時 : 平成29年6月19日(月) 15:00~16:30

 場 所 : 高知大学 物部キャンパス  農林海洋科学部 大会議室    

 演 題 : 脆弱環境のもとでの暮らしと資源・生態環境保全の両立の可能性を探る

  講演概要 : アフリカやアジアでの「脆弱環境(人間活動により容易に劣化する社会・資源・生態環境)」において、在来知と地域資源を活用しつつ、人びとの暮らしの向上と資源・生態環境の保全や修復を可能とする実践的アプローチの創発と展開の可能性について考えます。

研究概要・アクセス等、詳細は下記をご覧ください。

http://www.kochi-u.ac.jp/ino-wbcs/documents/events/170619_ProfTanakaSeminar.html

          

2017年5月 2日 (火)

高知大学農林海洋科学部教養講座のご案内

img03793.pdfをダウンロード

1.海底の粒子を覗いてみよう! 参加者募集

 地球の7割を占める海、その深海底には、起源の異なるさまざまな粒子が降り積もっています。岩石、鉱物、微化石(微小プランクトンの殻)、火山灰、宇宙塵などがあります。実体顕微鏡を使って拡大し、その内容物を覗いてみましょう。

■と き/平成29年5月13日(土) 10:00~12:00

■ところ/高知大学物部キャンパス

     海洋コア総合研究センターB棟2Fセミナー室

■講 師/村山 雅史

■受講料/無料              ■募集人数/15名

■申込締切/平成29年5月8日(月)

2.The Story of Sake 

~呑んで騒ぐだけではない酒国土佐を学ぼう~

参加者募集

 清酒は微生物が醸す日本の伝統的な酒です。主食の米で造る清酒は、祭事や食文化に欠かせません。杜氏の伝統技法が支えた醸造工程も、現代科学の英知によって進化しました。講義で南国土佐の酒を支える知恵を探ります。

■とき/平成29年5月27日(土) 10:00~12:00           

■ところ/高知大学物部キャンパス・5-3教室

■講師/永田 信治

■受講料/無料               ■募集人数/35名

■申込締切/平成29年5月18日(木)

お申込は 南国市教育委員会事務局 生涯学習課 生涯学習人権係

           ℡:088-880-6569まで

フォトアルバム