« 2017年5月 | メイン | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月 6日 (木)

第10回 高知大学演習林トレイルランニングレースが開催されました。

  2017年7月2日(日)、高知大学農林海洋科学部附属演習林を盛り上げる催しとして、県内外のランナーや地域の方々に根付いている、トレイルランニングレースが開催されました。毎年7月第一日曜日に開催されています。

本大会も第10回を迎えることができました。昨年に続き天候は晴れ。ランナーには、暑さが過酷な条件に加えられた中、9:30にスタートが切られました!

Imgp24012

Imgp23561_2

Imgp25873

19歳から65歳までの参加者は四国のランナーが中心ですが、関西や中国方面からのエントリーも多く、つくば市や前橋市から駆け付けてくれた卒業生もいました。

初夏の林道は新緑美しくマイナスイオンで満たされていますが、石や木の根でいっぱいの険しいコース。累積標高差1,130mという厳しい勾配を土にまみれ、ショート15Km・ミドル30Kmの距離を、ランナーは必至に駆け抜けていきます。

Imgp26524

Imgp26605

ゴール後は抽選会が行われ、農林海洋科学部関連の景品も多数用意されました!

炊き出しのカレーやスポンサーからの提供ドリンク等もふるまわれ、レースを終えたランナーの方達はコーラや水を飲む手が止まりませんでした。

Imgp27516

Imgp27597

森林管理授業時以外ほとんど利用されない演習林林業道をトレイルランニングに活用することが、山間地に活気をもたらす手立ての一つとなることを期待して、高知大学職員と学生を中心に始まったトレイルランニングレースも、節目の10年を無事に終えることができました。

ランナーの皆様、大会に協力頂いた皆様、暑い中本当にお疲れ様でした。

来年も高知大学演習林で皆様にお会いできますことを楽しみにしています。

 [参加高校生募集]

ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI

ウシを通じて「生命」を考える~細胞から個体までをじっくり観察してみよう!~

(参加費無料、大学生のような講義・実験・実習が体験できます!

昼食あり)

 本事業は、科学研究費助成事業(文部科学省・日本学術振興会)によって得られた研究成果を社会に還元・普及させることを目的として行うものです。

日 時 : 平成 29年 7月29日(土)  8:00  ~ 17:30

場 所 : 物部キャンパス(南国市物部乙200)

  高知大学農林海洋科学部附属フィールドサイエンス教育研究センター

プログラム:

8:00-8:30 受付 (高知大学農林海洋科学部1号棟玄関前)
8:30-9:00 開講式 (挨拶、自己紹介、安全講習)
9:00-10:30 牛管理実習 (牛舎)
10:30-11:00 大学生による講義①「牛肉生産についてのお話」
11:00-13:00 牛肉の食味試験 (昼食を兼ねる)
13:00-13:30 大学生による講義②「ウシの初期発生について・科研費研究の説明」
13:30-14:30 実験①「フリーズドライ細胞を観察してみよう」
14:30-16:00 実験②「体外受精および核移植」
16:00-17:00 グループワーク (意見交換)
17:00-17:30 修了式 (アンケート記入・未来博士号授与)、
解散

 

目 的 : これらの実験及び実習を通じて、普段何気なく食べている牛の「生命」について深く考察すること

注意事項 : 本プログラムでは、牛舎内での実習があります。そのため家畜伝染病の防疫が必要となりますので、開催日前の1ヶ月間海外渡航暦がないことを受講の条件とします。

募集人員 : 高校生15名

  ※ 希望者は、お早めにお申し込みください。

申込先 : 高知大学教育研究部生命環境医学部門 准教授   松川和嗣

       TEL 088-864-5207, 088-864-5114

290729.pdfをダウンロード

  

南国市・高知大学農林海洋科学部共催事業 「The Story of Sake ~呑んで騒ぐだけではない酒国土佐を学ぼう~」が開催されました。

 平成29年5月27日(土)物部キャンパスにおいて、永田信司教授が講師を務めた「The Story of Sake ~呑んで騒ぐだけではない酒国土佐を学ぼう~」を開講しました!
 この講座では13名の参加者がありました。高知県では18もの酒蔵があり、土佐酒の特徴は「淡麗辛口」で風土料理に合うように作られていること。料理の味を邪魔しない、食材を引き立てる、さらっと喉ごしスッキリで大量に飲めるのも土佐酒ならでは!酒造りに関する水、米、酵母、微生物、温暖化の影響、飲み方まで話は及んだ。高知ならではの酒づくり、決して恵まれていなかった条件下での試行錯誤、高知県工業技術センターが研究・開発した酵母の話など、大変興味深い講座に参加者は時間を過ごして聞き入った。終了後、参加者は「今日の話を聞き、今夜はお酒を飲みたくなった」と言いながら解散した。

Dscf8029

Dscf8033

Dscf8044

Dscf8041

Dscf8037

フォトアルバム